備えあれば憂いなし!停電対策に使える「モバイルバッテリー」の話!

備えあれば憂いなし!停電対策に使える「モバイルバッテリー」の話!

納品直前に長時間の停電を経験したことがありますか。なかなか起こらない出来事ですよね。

ところが、そんな有り得ない出来事が発生したのです。しかしモバイルバッテリーで乗り切りました。モバイルバッテリーといっても携帯用ではなく大容量モバイルバッテリーです。

上記に限らずいろいろな容量が販売されています。強風・降雪・地震など、停電につながるリスクはいろいろありますので、備えておくと安心です。

今回は2021年9月の出来事とモバイルバッテリーについて紹介します。あわせて停電以外への備えも簡単に紹介していますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

※2022年3月の地震・停電・計画停電を受けて追記を行いました。

Advertisement

突然発生した深夜の停電

突然発生した深夜の停電

それは2021年9月、深夜1時30分ごろ。長時間作業が続いていたため、5分休憩しようと「ひぐらしのなく頃に 綿流し編」を読んでいた時のことでした。祭具殿に忍び込んで雛見沢村の話を聞いているシーン。そこで、突然部屋の電気が消えたのです。

一瞬何が起きたのか、理解できませんでした。目の前にある作業中のノートPCだけが、明るい光を放っています。しかし、あとは真っ暗。無音。……ブレーカーが落ちた?でもエアコンも使っていなかったはず。

仕方ないので寝ている家の人を叩き起こしてブレーカーを見てもらうも異常なし。カーテンを開けると街灯が消えていて、近隣が停電していることが分かりました。

インターネット環境に接続されているPCやスマホがあれば、仕事に支障はありません。しかし停電ということは、ルーターも使えないのです。ノートPCのバッテリー残量はあったものの、どのくらい持つかは不明。スマートフォンでも多少のリサーチは可能。ただ残りバッテリーは23パーセント。詰んだ、と思いました。実際普通なら詰んでます。諦めて寝たいレベルです。

備えあれば憂いなし!大容量モバイルバッテリー

備えあれば憂いなし!停電対策におすすめの大容量モバイルバッテリー

すぐに復旧するなら問題なし。しかし長時間続くなら納期に間に合わない可能性もあります。私は即納の仕事を対応中

1番近いインターネットカフェまでは車で30分。移動できなくはないものの、そこまでの信号も止まっている可能性が……。

どうするべきか悩んでいたところに、家の人がお助けアイテムを持って現れました。大容量でACコンセントにも対応している、モバイルバッテリーです。

厳密には上記とは違うのですが、似た商品です。業務用ではなく市販の10,000円程度のもの。

とりあえずルーターを復旧させました。すぐに復旧する可能性もあるものの、この時点で20分以上停電が続いた状態です。そこでクライアントに状況報告。間に合わなかったとき直前になって「停電で……」だなんて(調べれば停電の事実がわかるものの)説得力がなさすぎるからです。

電力会社の公式発表によると停電は1:33~4:29とのこと。ただし我が家は、実質的に2時間ほどの停電だったと思います。予定よりだいぶ遅くはなったものの、オーバーすることもなく納品も完了。結果的にどうということもないオチになったのですが、それもモバイルバッテリーや照明のおかげ。諦めて寝てしまおうかなとは100回ほど思いました。

仕事での使用を前提としたモバイルバッテリー選びのポイント

仕事での使用を前提にしたモバイルバッテリー選びでのポイントは以下の通り。

  • ACが使える
  • DCが使える
  • USBが使える

価格も容量もピンキリです。1~2万円程度のものなら、ノートパソコン・スマホ・タブレット・カメラの接続が可能。商品によって、対応できるものが違うのでチェックしてみてください。

ACが使えるモバイルバッテリーのメリット

2022年3月に起きた地震の影響により、関東では計画停電が発生。こんな時にも容量のモバイルバッテリーが便利です。

突発的な停電なら、短時間で終わることもあるでしょう。しかし計画停電は、そういうわけにもいきませんよね。

ACが使える大容量モバイルバッテリーは、さまざまなものに利用可能です。暗所恐怖症で暗いところがダメ、というかたにもおすすめします。

停電対策にモバイルバッテリーがおすすめ

停電対策にモバイルバッテリーがおすすめ

停電は滅多に起こるものではありませんが、いざというときの備えとして、モバイルバッテリーはおすすめです。不安の解消にもつながるでしょう。

2021年9月に発生した停電は局地的なもので、原因は「風雨」と記載されていました。しかし不思議なことに雨は降っておらず、月が煌々と輝く穏やかな夜だったのです。

よりにもよって、ひぐらし読んでる最中に停電することないですよね。家の電線を切られて侵入者が現れるところまでは想像しました。

状況の連絡さえすれば理解してくれるクライアントも多いはず。ただし理解してくれないケースもあると聞きます。本格的な災害なら、各所に連絡を入れて様子見するしかないでしょう。今回は局地的なものだったので、クライアントに迷惑を掛けずにどう乗り切るか、を考えました。

東日本大震災から日が過ぎ、以前ほど防犯グッズの話題も聞かなくなりました。しかし。いつ停電や地震があるかは分かりません。備えをするならモバイルバッテリー、おすすめです。

モバイルバッテリー以外の備えも大切

日本は災害の多い国であるため、モバイルバッテリー以外の備えも大切です。改めて、災害への備えを見直してみましょう。

2022年3月16日には宮城・福島で震度6強の地震が発生。我が家は震度5弱程度。その地震では停電がなかったものの、私の住む地域は数日後の大雪で2度ほど停電し、作成中の記事データを飛ばしてしまいました……。やはり備えは大事だと実感しています。

3月の地震で、関東エリアでは計画停電も発生。

現状まだまだ余震の続く日々。そもそも、どれが本震かは過ぎてみないと分からないもの。

東日本大震災以降、セットになった防災グッズも各社で販売されていますよね。自分で用意するのが面倒なら、セットを活用するのも方法の1つです。

災害への備えならディフェンドフューチャーもおすすめ

災害対策を考えているのなら、防災士厳選の防災グッズ39点セット【ディフェンドフューチャー】もおすすめします。

「Defend Future」は「防災士が作った3日間生き抜くための防災セット」で、楽天でも人気があるアイテムです。

3日乗り越えると、大抵は復旧したり、救助があったりするもの。しかし3日間を乗り越えるのは、決して楽ではありません。必要最低限のアイテムを、持ち出し可能な状態にしておくと備えになります。もちろん使わなくて済むのが理想です。それでも備えをしておくと、困ったときに使えます。

災害への備え、ぜひ見直してみてくださいね。

 

他にも便利なアイテムを紹介していますので、ぜひご確認ください→つらい目の疲れにおすすめ!アイウォーマー&ホットアイマスクの話