movie

2/2ページ

『エンド・オブ・ザ・ワールド』(2001年)/後味の悪さNO.1

個人的に「後味の悪さ」ナンバー1の映画、『エンド・オブ・ザ・ワールド』を紹介します。 今回はホラー映画ではありません。オーストラリアのテレビ映画です。 完全なネタバレを含みますが、あらかじめご了承ください。 『エンド・オブ・ザ・ワールド』概要 今回は、あらすじも紹介します。個々のエピソードもあるものの、おおまかなあらすじは、以下の通り。最初から最後まで、です。 アメリカと中国の核戦争で、北半球の人 […]

『ヘレディタリー/継承』(2018年)/21世紀最高のホラーとは

「21世紀最高のホラー映画」ともいわれる『ヘレディタリー/継承』を紹介します。 公開から3年近いので、若干のネタバレを含みます。 『ヘレディタリー/継承』概要 アリ・アスター監督の長編映画デビュー作品となるのが『ヘレディタリー/継承』です。主演は「シックス・センス」などに出演していたオーストラリア出身の女優、トニ・コレット。 見えていないもののほうが、見えているものよりも怖い時ってありますよね。そ […]

『セブン』(1995年)/「七つの大罪」をモチーフにした衝撃作!

今回も、大ヒットした映画『セブン』です。雨が降り続く陰鬱な都会で起こる事件が描かれています。これも少し古い映画になりますが、お付き合いください。 この記事はネタバレを含みます。 映画『セブン』概要 刑事たちは後手に出てばかり。あげくのはてに犯人は警察署に自首。そこからが面白いのです。 映像的に1番苦手なのは「GLUTTONY(暴食)」。他も強烈ですが、冒頭だけあってインパクトは強いですよね。しかし […]

繰り返し見ても飽きない秀逸な作品/『羊たちの沈黙』(1991年)

おすすめの「映画・本・音楽」などについて、緩く紹介します。 今回は、あの大ヒット映画『羊たちの沈黙』です。 [adchord] 『羊たちの沈黙』概要 第64回アカデミー賞で主要5部門を独占したことでも知られているのが『羊たちの沈黙』です。 5部門を独占したのは「或る夜の出来事(1934年)」、「カッコーの巣の上で(1975年)」についで3作品め。しかもホラーで作品賞を受賞したのは、『羊たちの沈黙』 […]