愛犬とのドライブに大活躍!便利な犬用車載ドライブボックスを紹介!

愛犬とのドライブに大活躍!便利な犬用車載ドライブボックスを紹介!

愛犬とのドライブ、どうしていますか。

飼い主が抱っこする・キャリーに入れるなど、いろいろな方法がありますよね。

本記事では、車での移動に便利なドライブボックスを紹介します。楽な方法を探しているのでしたら、ぜひチェックしてみてください。

[add chord]

愛犬との車移動には「車載ドライブボックス」が便利

画像は、実際に車載ドライブボックスを使用した2022年10月のものです。ドッグランやシャンプー、病院に行った帰りに撮影。

もともと我が家は「抱っこ」で車に乗せていました。しかし抱っこだと踏まれた時に痛く、人間・車とも毛だらけになります。その結果「車でのお出かけは面倒」と感じる日も多かったもの。通院のときも、毎回大変でした。

新しく犬を迎えるにあたり、良い方法はないか探していて見つけたのが、車載ドライブボックスです。

ドライブボックスのサイズは25×40×30×43センチ。中型犬であるビーグルを入れて、この様子です。(車はN BOXです)

↓Yahooショッピング以外のECサイトでも多数取り扱いがありますので、ぜひチェックしてみてください。

犬用車載ドライブボックスの使い方

画像にあるように、ベルトを上下のヘッドレストに引っかけて使っています。ベルトが3つあり、座席に引っかけて固定が可能です。

  • 前のヘッドレストにかける
  • 後ろのヘッドレストにかける
  • 犬の首輪にかける

首輪用のフックは強度が不安でしたが、今のところはトラブルなく使えています。強く引っ張ると切れる恐れもあると考えて、我が家ではリードも併用中です。

サイドにあるバーは取り外せるので、ドライブボックスは折りたたんで保管できます。

犬用車載ドライブボックスのお手入れ方法

犬用車載ドライブボックスはお手入れも手軽です。犬を乗せたあとは、粘着カーペットクリーナーや掃除機で毛を取り除きます。

防水性があるため、汚れたら硬く絞った雑巾で拭いても大丈夫です。

犬用車載ドライブボックスのメリット・デメリット

※画像クリックでYahooショッピングの商品ページに移動します。

我が家にとっては便利な犬用車載ドライブボックス。実際に使ってみてのメリットデメリットを紹介します。

ただし、犬の大きさや性格によっては合わない可能性もあるでしょう。慣れると解決する問題もあるかもしれません。

そのためメリットデメリットは参考としてご確認ください。

なお使用時は犬が逃げないよう、十分に注意したうえで使うことをおすすめします。

犬用車載ドライブボックスのメリット

ドライブボックスのおかげで、外出が楽になりました。狭い場所でぎゅうっと眠るのが好きなタイプなので、落ち着いて過ごしています。キャリーケースより楽そうです。

丸くなって眠っていることも少なくありません。犬が落ち着いて過ごせて、人間も楽です。

またドライブボックスには、犬の首輪につけられるようなフックもあります。利用時には愛犬の引っ張る力や性格も考慮して固定するのがおすすめです。

横はメッシュなので、犬の状態も確認しやすく、汚れても手入れがしやすいと感じます。

私が購入した上記画像のアイテムは2,199 円(税込)でした。リーズナブルであるため、価格から見ると満点です。

好みに合わせて色は選べます。

犬用車載ドライブボックスのデメリット

2年ほど使ってみて、特に大きなデメリットは感じていません。

稀に首輪用フックに足が絡まるので、注意してチェックするようにしています。

車が苦手な犬なら、載せてすぐは暴れるかもしれません。そこで慣れるまでは工夫が必要な可能性があります。

我が家では、最初は以下のような工夫をしました。

  • 短時間から慣らす
  • 人が横に座って落ち着かせる

慣れにより今は1人で座っていて、問題なく使えていますので、参考にしてみてください。

大型犬にはシートタイプがおすすめ

※画像クリックでYahooショッピングの商品ページに移動します

我が家で使っている犬用ドライブボックスは、ビーグルでジャストサイズです。中型犬でも、大きさによっては多少変わってきます。

大きな犬なら、後部座席まるごと使う「ドライブシート」もあります。

防水シートなら粗相をしても安心です。シートベルトつきのタイプを選ぶと、安全性も高められます。

大型犬用のシートなら、ぜひ後部座席まるごと使えるタイプもチェックしてみてください。

愛犬との車移動ならドライブボックスはおすすめ!

ドッグランや病院に行くたびに使用していますが、ドライブボックスはおすすめのアイテムです。もしかしたら昔からあったのかもしれませんが、今の犬を飼うにあたって購入し、正解だったと感じています。

愛犬を抱っこして車に乗るのも好きです。ただ「大変だから」という理由で、以前は車でのお出かけは一大事だったもの。

そこから考えると、お出かけに対するハードルがかなり下がりました。

愛犬と車でお出かけするのなら、ぜひ試してみてくださいね。

犬におすすめのおもちゃをいろいろ試した記事もありますので、ぜひチェックしてみてください⇒噛む力が強い犬でも大丈夫!壊れにくい長く使える犬のおもちゃを紹介